難しい伐採や芝生などの手入れは業者に任せる~庭NAVI~

ガーデニング、園芸アイテム

手入れ方法

現在のトレンドについてご紹介します。

芝生の手入れの現在のトレンドは、農薬を使わない手入れの方法です。ゴルフ場などで一時期、芝生の手入れ、雑草の駆除などに農薬をまいてしまい、環境問題が深刻化したこともありました。 現在ではこの雑草の駆除に、動物に活躍してもらおうというものです。一番適した時期は雑草が生えてしまう前の段階、つまり、芝生がまだ茶色の状態で、雑草も生えていないときに、芝生の手入れをするのが一番です。それは時期的に申しますと、2月から3月初めの寒い時期となります。この時期には雑草の種や芽がたくさん、芝生に中に埋もれています。それを動物に食べてもらおうというわけです。 自然界では野鳥であるスズメなどがよく芝生をつついているのを見たことがあると思います。それと同じでウズラなどに食べてもらうのです。

鳥による雑草の駆除をどこに依頼するか。

芝生の手入れをうずらなどにお任せして、2月3月のまだ雑草が芽を出していない時期に、種を食べてもらうというなんとも環境にもやさしく、そして見た目的にもかわいらしいのこのサービスは現在は、一部の造園業者が請け負っているにすぎません。 ですので、やっている造園業者を探すにはインターネットによる検索が一番であると思われます。 うずらは飛べませんでの、少しの覆いやネットがあるだけで、あとは勝手にたべてくれますので、巣箱などを夜休む場所をつくり、あとは2、3日にウズラにおまかせすれば、すべて雑草のたねを食べてしまいますので、春になってからの芝生の手入れが格段に楽になるわけです。 このサービスは今後は大規模な庭園などにも取り入れられ、主流になっていくでしょう。

Copyright© 2015 難しい伐採や芝生などの手入れは業者に任せる~庭NAVI~ All Rights Reserved.