難しい伐採や芝生などの手入れは業者に任せる~庭NAVI~

ガーデニング

ピックアップ

手入れ方法

芝生は動物に手入れをしてもらいましょう。動物は草を沢山食べてくれるので、芝生の手入れにはとても最適です。特に鳥のうずらは、芝生の種を食べます。この方法はとても環境にやさしいので、誰でも安心して出来ます。

昔からの方法

緑を育てるのであれば芝生手入れの業者に施工を依頼しましょう。専門業者であれば綺麗で心地良い見た目の庭にできます。

伐採と言えば木の伐採を頭に思い浮かべる人が多いでしょう。他にもいくつかあるのですが木のことについて今回は書いていこうと思います。伐採は昔からある第一次産業です。古くはいわゆる木こりがやっていて今は電動ノコギリで斬り倒していくことが多いです。昔は自分の家で使う分は自分で木を伐採に山へ行ったのですが、今はなかなかそういうことも難しく代行業者に頼むことがとても多くなりました。また、昔は日本の木を伐採して使うということが主流だったのに比べ外国産、ロシア連邦やカナダの軟木を使うようになってきました。他にも熱帯地域の硬木もだんだんと使うようになってきました。なので海外で伐採し、船や飛行機で日本まで持ってくることが多くなりました。

率直にいうとこれからは海外からの木にあまり頼らず日本で伐採した木を多く使うようになります。海外では伐採したあとなにもせず次の伐採地へ移動します。しかし日本の業者は切ったあときちんと苗木をしてきました。なので約三十年前に植えた苗木が大きくなって来ています。よってこれからは海外の木ではなく国産の木を多く使うことになるでしょう。また、木の使い方が昔とは違い家の建築など大量使用になりました。なので代行の業者に頼むことがより多くなっていきます。しかし木の種類が違うのでいくら国産のものを使うようになっても外国産のものもある程度はつかうことになります。外国産のものを使うときは外国産専門の業者に頼んで全部やってもらうのがいいでしょう。

玉砂利を敷たい方ははこちらに相談しましょう。お庭や玄関までのアプローチなど色んな所に敷き詰めちゃいましょう。

庭の雑草の手入れでお困りなら草刈専門業者を呼ぶことをオススメします。人気の業者の口コミはコチラのサイトに掲載中!

メニュー

草刈の必要性

住宅に庭がある場合には、定期的に草刈を行う必要があるでしょう。雑草が生えたままでいると、見栄えが悪くなり、環境にも良くないと言われています。道具を使用することで快適に草刈を行えます。

Copyright© 2015 難しい伐採や芝生などの手入れは業者に任せる~庭NAVI~ All Rights Reserved.